HBT0-4 D18-21(10回目移植周期)

先日移植を終え、本当は移植当日に着床鍼なるものを受けに行くのですが、今回は移植が日曜日という事もあり鍼灸院がお休み。先生とメールでやり取りをしていると、先生のご厚意で祝日の日だったけれど治療をやって頂けました。
今回もちゃんとホルモン値と移植時の内膜の厚さや受精卵のグレードなどが書いてある紙を持参して診て頂きました。
ちょっとP4が低いね~と言われ、前回のデータと比べると確かにちょっと低かった・・・前回が10.9、今回が8.6

着床鍼もやって頂き、自分でも自宅でお灸を毎日頑張っておりますが、前回同様体調の変化が全くないあるのは同じく移植前からある胸の張りと眠気。とガス(笑)
しかし今回ちょっと思った事が、基礎体温がやはり36.7度台のまま上がる気配がない。BT4の日など36.6度とかに下がってしまう始末。いくらホルモン補充とは言え、着床したら体温は多少上がると思うのだが・・・体感温度は結構高い気がしたんだけどなぁ~。

さて今回もBT3日目までは普通通り生活出来たものの、BT4になると急にそわそわしてきます。そう、フライング。超早いというのは分かってるんですがね、どうもやっぱり多少は気になる。そこで今持っているアメリカ製の検査薬よりも、やっぱ日本製の方が感度がいいので、薬局でチェックワンファストを探す。まず1軒目に行った薬局では処方せんの売り場で聞くもどうやら扱ってないような雰囲気。帰ろうとした時、棚の上に目がいった。そこにチェックワンと一緒に置いてあったわ。処方せんのカウンターに向かって「あっ、ここにありました」と声をかけ、早速値段を見るとファストではない方の2本入りが「お買い得品」になってて、なんと!800円台。ファストの2本入りは税込みで1,400円台。う~ん、凄い差だ。悩んで結局生理日1週間後から使えるチェックワン2本入りを買ってしまった意味ね~今使ってもまず反応しない事は分かっていながらも、通常チェックワンをBT4の昼過ぎに使用。

そりゃ~真っ白

ですよね~ハイ。きっぱり諦めました。うっすらでも期待してたけど・・・やっぱファスト買いに行こうかな~と悩みましたが、明日になったら分かるわけだし、ファストは高いし無駄使いはやめよう(気付くの遅いっ)という事で今回はこの無駄なチェックワン1回だけでフライングは終わりました。

何となくやっぱり今回もダメな気がする。着床している要素が全くない。期待が出来ない。だって44歳だもの。異常胚が殆どだと言われる年齢。「奇跡」なんて事が自分に起こるとは全く思えなくなった。最近本当にネガティブな自分。嫌だなぁ~。また明日も期待せずに病院へ行きます。


“HBT0-4 D18-21(10回目移植周期)” への2件の返信

  1. 私もART経験者です。
    大丈夫ですよー。私は41歳、友達は43歳、会社の同僚は45歳で成功しました。
    フライングしたい気持ちもよーく分かります。
    私の場合いは、慎重に行動しても全く着床せずいい加減諦めかけたときに、看護士さんに「来るときにきます」と言われ、何か吹っ切れて。
    それから、自転車に乗って通勤し、走って電車に乗って、すこしビールを飲んで、と通常どうり普通に生活したら来ました。
    そんなもんなんですな。

    1. やまゆりさん、こんにちは。
      何だかとても今の私には沁みるコメントで本当にありがたいです。治療して3年、最近とても弱っている自分がいて・・・周りの方のちょっとしたコメントとかで「じ~ん」ときたり、「頑張ろう」と思ったりしちゃいます(p_-)やまゆりさんは来るべき時が来たのですね~おめでとうございます。私もあまり考えすぎず、気楽にしないといけないですね。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です