新宿ART(D32)BT13 再判定日

前回BT8日目で(本当の判定日はBT7日目だけど土曜日にした)、HCG-9.0という一桁の数値だったので、再判定として5日後の本日行ってまいりました。
その間に、昨日の夜から生理前の腹痛が少しずつ始まり、チェックワンファストもうっすらすぎるほど薄い陽性が続いていたので、もうあきらめかけていました。
それに決定的な事が今朝おこりました。そう出血が始まったのです
もうあきらめるしかないな・・・
そう思いながら一応どのくらいHCGが下がっているのかも興味あったので、ショックをうけることもなく診察室に入るとT先生がいつものように判定用紙を私が着席するまで見えないように隠していたので、
「あっ、先生今朝生理きたので大丈夫です。あがり切らなかったですね・・・」
というと同時に判定用紙を見せてくれました。
結果、HCG-7.8でした。
思ってたより残ってるな~と思っていると、先生が・・・
「でも生理くるにはP4が高いけどなぁ~」
E2・・・62
P4×2・・・14.5
私はさっぱりわかりません。
いまだにHCGの値は理解できても、生理何日目でE2とかLHとか高いか低いかイマイチよく理解できていません。
所詮数値です。出来る時は出来るし、出来ないときは出来ない。
そんな考えだから多分数値の意味を理解しようとしていないのかも・・・
で、先生に
「じゃあ生理1日目っていつになりますかね?」
「明日くらいでいいんじゃないですか?」
へっ?超アバウトじゃね?それでいいのか?
ちゃんと体温測ってねとか、そういうのないんか~い。と思いました。
T先生って結構そんな感じあるんだよね。これを不安と思うか、まっ大丈夫か・・・と任せてしまうのか。今の私にはそんな事を考える余裕もない。
とりあえず明日が生理1日目ならそれでいいし、それが妊娠に大きく左右される訳でもないしね。
とりあえず、途方に暮れております。
涙はもう出ません。ただただ「このまま繰り返すだけで大丈夫なのか?」と疑問に思うばかりです。
でも以前、先生に質問しました。
「私は何度か着床はしていますが、一度も妊娠継続しません。次の最後の凍結胚を移植したら、また採卵→移植を続けるしか方法はないのでしょうか。」
「そうなりますね・・・」
という事でした。
本当なら不育症検査とか、着床前スクリーニングとか考えるべきなんだろうけど、ネットで検索したり調べたりしていても「確証」はない。検査にひっかかって、薬なんかをやって必ず妊娠継続につながる確証はない。
今の病院でも先生に聞いた時、そういっていた。
やるのは構わないけど、あまり意味がないような事言ってたな~。
何か先生にそれを聞いたのと、他の方のブログをみて、不育症検査を受けて薬や漢方で治療して妊娠に至った人、検査したけど原因が分からず妊娠にまだつながらないという人・・・色々見ていたら今は採卵→移植していくしかないのか・・・という結論に至った。
ただ単にお金や時間がかかるから行きたくないという気持ちもあるが、受けてハッキリと原因が追究できなかったら?その分のお金を採卵や移植に回せたのでは?と思ってしまうかもしれない。
中には、はやく不育症検査をして原因を突き止めておけば無駄に採卵や移植を繰り返さなくて済んだのに・・・という人もいた。
でもそれは結果論。うまくいったから言える話。
同じお金を使って、結果がうやむやで、それでも採卵と移植を繰り返すだけしか方法がないなら、もう少し後で検査を受けてみてもいいのかな・・・と思った次第。
ま~うだうだ言いましたが、またもや撃沈に終わった周期でした。
次は1周期お休みして、スムーズにいけば8月に移植となる。最後の凍結4分割杯です。(父逝去の知らせを受けた日に移植するはずだった胚ちゃんです)
おと~さ~ん、見守って!というか授けてくれ~


“新宿ART(D32)BT13 再判定日” への3件の返信

  1. こんにちは。
    お久しぶりです。
    コメントありがとうございます。
    2回も同じ事になってしまってお辛いですね。身体は大丈夫ですか?
    私も途方に暮れておりましたが、帰って旦那と話し合って、今の病院でもう少し頑張ろうという事になりました。
    転院先、非常に気になります。
    以前私のブログでも書いたのですが、今勤めている系列会社の人がKLCからそちらへ転院して無事先日出産しましたよ。
    なので非常に気になる病院のひとつです。
    もし、機会があれば是非教えて下さい。
    私もあと一つの卵を移植して、ダメだった時は考えるかもしれません。
    いつもコメントありがとうございます。
    個別にメール送りたいんですけど、どうやっていいか分からず・・・ごめんなさい。

  2. こんにちは。
    いつもコメントありがとうございます。
    ズバリ!本当に引っ越しとか治療がうまくいかなかったりとかでブログを書く気力を失っておりました。
    でも少しでも読んでくれる方がいると思うと俄然書く気になったりします(笑)
    SACでのの治療、結構みなさん行き詰ってきてますね・・・
    他の方のブログもSACに限らずですが、40歳過ぎた方の成功例が少なくなってきて少し不安が出てきました。
    この間、自分のブログを最初から読み直してみたんですが、私は以前通っていたのが刺激系のところで、なおかつ刺激しても自然でも3個しか採れないって現状がわかり、刺激に戻る気持ちは今の所ないのです。
    これは人それぞれなんで一概には言えませんが、あと刺激だと採卵して卵巣を休めるために3ヶ月(以前の病院はそうでした)お休みしないと次に採卵が出来ないという悪循環があって時間のない私には本当に苦痛でした。
    hyunhyunさんが悩んでいる転院先、私の知り合いもそこで成功しています。確かに高いですよね~。
    凄く気持ちは揺れましたが、今はとりあえずSACで頑張って次に採卵でダメだったら私も考えるかもしれません。
    また情報交換しましょうね~!

  3. はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    ズバリ、ご希望の件は先生によりますよ。
    T先生いわく、胚盤胞だとうまくいく人、逆に胚盤胞だとダメな人っていますから、そういう人は初期胚凍結したりして移植する。って言われました。
    今回、私の残っている凍結胚は2日目4分割の初期胚です。
    これって期待薄いですよね~と先生に聞いた時の回答です。
    是非一度相談されてみるといいかと思います。
    ちなみに今調整周期で、先日1回行きましたがA先生でした。
    なので、T先生はいないな~という意識がありませんでした。
    それより、KLCからの応援が曜日で色々いらっしゃる事に驚き!ましたが、多分人が回らないのかな?随分と患者さんは減ったイメージですけど、私的には長時間待つ事が苦痛なので、好都合ですがね(笑)
    普通なら患者さんが減ったりすると不安になるものですが、SACの場合培養技術は優れていると私は思うので、先生やナースの方が入れ替わり立ち代わりになるよりは全然問題な~し、と個人的に思っています(笑)
    あまり更新少なめな私ですが、また立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です