新宿ART(D19)移植~(D27)判定日

随分と間が空いてしまいました。
このままブログ書くのも面倒になってしまうくらい忙しい日々でした。
前回の移植HCG-0.9という結果に終わり、再判定の前にリセットしてしまったのでした
そしてHCGが少しでも出ると連続移植は出来ないようで、やはり次周期はお休みという事に・・・
そして迎えました次のステージ。もうD3の事やその前の診察の事もすっ飛ばしていきなり移植のお話です。
これで昨年末から凍結してきた凍結胚盤胞ラスト1個です。残すは2日目初期胚凍結分のみ。
出来ればこれで結果を残したい!今回の胚盤胞はこれまでの中でも一番グレードの低い6日目胚盤胞グレードE。
確かに見た目も小さく胚盤胞になった時間も長くて、ちょっぴり不安な子です。
でもそんな子でもしっかり出産までいった人もいる。また病院側もそれで移植OKと言ってくれるのだから移植をする。
(でも廃棄するのはしのびないので移植するという説もあるが・・・)
まぁ~でも移植出来るだけありがたい事なので、心配な気持ちを払拭して移植してきました。
今回はT先生!
T先生は内診の時も結構痛いので、移植の時も怖いのですが、でも以前初の着床をしたときはナントT先生だったんです。
痛いけど私の中では実績アリなんです。なので今回も願掛けで「おねがい~」という気持ちを込めて挑みました。
案の定、消毒の器具を付けられる段階で「いったぁ~」と思わず声出て腰少し浮く。でも消毒さえ乗り切れば大丈夫だった。
T先生は何となく、器具を装着するとかは激しいけど、作業自体はテキパキしてて早いかもしれない。作業に迷いがない感じがする。
かれこれ何回移植したっけかなぁ~。もう4~5回はしていると思いますが、最初の移植は今はいないS先生。
あの先生とO先生が一番痛かった。ぐいぐいグリグリで、最初の頃というのもありかなり恐怖と痛みがMAXでした。
その後A先生とT先生のみになってからは(あっ時々O先生いるけど)採卵も移植も怖さはなくなりました。
そしてあっという間に移植を終え、何もなかったかのように会計を済ませて家路へ・・・
もう何回も移植をしていると、自分が妊婦という感覚などまるでなく、普通に生活してしまいます。
そんなこんなで5月末に引っ越しを済ませ、家もまだきちんと片付いてない状態での移植スタート。
移植して普通の生活をしているものの、重い荷物などは持たないように意識はしました。
BT5日目くらいまでは本当に時々「あっ今移植してるんだった」と思い出すくらいまで成長?したんですが、
BT6日目の朝、トイレに行きボーっと用を足しながらふと目線を下に落とすとナプキンに赤いものが
こ、これは・・・生理?噂の着床出血?
移植して初めてでした。
むか~しむかし若かりし頃、妊娠を希望していなかった時に妊娠した時も一度着床出血らしきものがあったが、こんな感じだったかなぁ~と、ちょっと違う気がしてドキドキしました。
その出血のなか膣坐薬もやって、そしたら今度は出血が赤からピンク色に(薬と混ざっちゃうよな~)
そんな感じで1日少量の出血が続いておりました。
でも翌日にはすっかりなくなり、ホッと一安心
本当ならBT7が判定日なんですが、判定聞きに行くだけに会社を休みたくなかったので、翌日のBT8土曜日に行きました。
結果は・・・HCG-9.0
診察も今日はT先生
「一応着床はしているようです。また5日後に来れますか?」
「えっ>この数字ではダメなんじゃないんですか?継続する確率は低いですよね」
「まぁ~下のグラフを見てもらえれば分かりますが、年齢から言っても1~1.5%くらいですかねぁ~」
って・・・ほぼ無理じゃんでも可能性は少しあるって事なんかね~。普通ならここで薬中止でリセットという道もあるんだろうけど。
その後ナースセンターに呼ばれました。
「今回数値が低くても諦めてはいけません。この数値からでも卒業された方もいますからね。」
と力強いお言葉。思わず私の方が「で、でも~ホントですかぁ~」なんて疑いの呆れ笑いをする始末。
前のBT7で22くらいの数値だった時もダメだったし、可能性はほとんど低いよなぁ~。でも薬はやらなきゃいけないし・・・
という事で翌日から毎日検査薬をやって、真っ白だったら膣坐薬やめよう!と勝手に決めました。
なんですが、翌日からう~っすらではあるが陽性反応はあるんです。ほんとに極薄ですけどね。
だから頑張って膣坐薬続けています。
そのせいか、毎日足が燃えるように熱く、何故か午前中とか鬼眠いです。相変わらず基礎体温は付けていませんし、
今回引っ越しをした事で初めて鍼にも行っていません。
完全に自然の自然で移植です。しかし今日も眠いなぁ~。
今日はBT11日目ですが、それでチェックワンファスト極薄線は本当に期待も薄いですよね~。
再判定日は明後日です。
もう気持ちは次のラストワン移植に行ってしまいそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です