新宿ART(D23)BT7 判定日

本日判定日でした。
結果は陰性でした
朝もフライングやって「とびっきりの白」だったので、結構吹っ切れていたものの、心の中で1%ほどは逆転ホームランも期待していましたね・・・正直。
でもなんていうんでしょう、まだ凍結している卵があるから少し気持ちが楽です。
ちなみに今日もT先生でした。
診察室に入り私が席につくまで、判定シールを手に持って上にかざしたまま見せてくれませんでした。
席につくと同時に机の上に置きながら「今回は残念でした・・・」と言って、私の目に飛び込んできたβ-HCG0.0の文字。
がっびーん絶望的!かすってもない。と思いました。
でもきちんと次の事を確認しなくては!と思い直し、若干頭真っ白の状態から次の質問をしました。
「次はどの卵を戻すのでしょうか」
「次は順番でいくと、今回と同じく5日目胚盤胞ですかね」
「では今回も周りの殻(アシステッドハッチング)を取らないで・・・」
若干被せるように「いや、次回は取ります。今回取らないでこの結果なので次はとります」
「同じ5日目胚盤胞ですが、グレードが違うのでしょうか」
「う~ん、核の数とか見た目の問題ですね、今回戻したのはひじょうに形もキレイで良かったんですがねぇ~」
って、やっぱ今回も本当はAHAしといた方が良かったんじゃないの~。と、もう終わった事を言ってもしょうがない。
あとは、着床障害の検査とか染色体異常の検査の事などを一応聞いてみたが、どちらも前向きな答えはない。先生の見解ではおすすめしていないご様子。なのでサラッと話は終了。
とりあえず次だ次!残り3個の卵ちゃん、次で出産まで行きたい、いやいくのだ
という訳で今回8周期目(移植)は終了となりました。ではまた来月


“新宿ART(D23)BT7 判定日” への1件の返信

  1. 今回は残念でしたがまだ、たまご貯金があるので来月頑張りましょう!
    貯金があって羨ましいです。
    来月、移植して一緒に新宿アートを卒業しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です