新宿ART(D14-採卵、D15-受精確認)

2日前の診察で2個の卵が育っており、その2日後採卵日を迎えました。
この日も先月同様8時前に到着し、初の堂々1番をGETするも・・・なかなか呼ばれず
1番に到着したからって採卵1番とは限らないのね・・・結局この日の採卵は5番目でした。
本日な・なんと元院長のO先生の日だった。
正直私はO先生ちょっと苦手だったりした・・・生まれて初めての無麻酔採卵がO先生だったのですが、口調は穏やかで優しくでも顔というか表情が怖いんです
その上、初回はぐいぐい押されて刺されて、更に恐怖もあったので終わった後涙が出たほどでした(ほっとしたのもあったんだけど)でも2回目、3回目と違う先生にやって頂いて、正直他の先生のが痛くなかった気がしたのです。
あの恐怖が蘇ってきて、他の先生がいぃ~とちょっと思いましたが、そこは元院長先生、他の患者さんからしたら“神”的存在の事もチラホラ聞いてましたので、もう身体を預け任せてみました。
「今日は麻酔するの~、ふふっ痛がりなんだね~、でも見てごらん卵2つ続いてるから、これなら針1回刺せば終わるよ。麻酔をしたら2回刺す事になるから一緒じゃない?しかも麻酔の針の方が痛いよ~」
と・・・そうか!1回で済むなら麻酔はいらないな。確かに・・・
「はい、じゃあ麻酔いらないです。頑張ります」
という事で、結果無麻酔での採卵。
少しチクッとしますよ~の声の前に既に少しドーンと痛みが・・・フライングしやがったなと思ったけど、我慢できない痛みではなかったので、ま~良かったっす。
O先生の「はい、もうこれで終わりますからねぇ~」の後も結構長かった・・・(笑)
やっぱり改めてO先生は本当に口調は穏やかで優しい方でした。(でも表情はやっぱり怖い
結果、2個の成熟卵(MとLサイズ)が採れました。
そして翌日・・・
今朝は雪混じりの雨?が降りましたね~
会社に向かう途中で、受精確認の電話をしました。(9時50分過ぎくらい)
今回は少し保留音が長め・・・
前回の保留音長めの後の残念結果が頭をよぎった・・・
が、しかし・・・
無事に2個とも正常受精が確認できましたー!!
とりあえず第一段階またもやクリアです。
あとはこの2個とも胚盤胞まで育ってくれる事を切に切に願います。
今日マスクの内側で小さな声を出して感謝を言いました。
「おとうさん、ありがとう!」
なんとなくね・・・何かのせいにしてみたりしたくなるくらい奇跡だなぁ~とおもった日でした。
全く話は変わりますが、昨日の「ナイナイアンサー」観た方も結構いらっしゃいますね。
私も偶然ですが、家で洗濯物をたたみながらTVで「不妊治療について」と予告をやってて気づき、そのまま旦那と二人で見入ってしまいました。
内容のほとんどは自分がほぼ経験してきた事だから改めて「なるほどー」と感心する事はなかったですが、同じ境遇の芸能人の話を見聞きして、涙が出ました。
治療のやめどき・・・今の私には考えられません。
もちろんお金が尽きれば出来ませんが、その時はお金が出来たらまた採卵・・・という風に私も今のところざっくりではありますが45歳くらいまでトライ出来ればいいかな~と思っております(でも45歳が近づけば気が変わると思うけど)
でも能天気というか、凍結出来てる卵があるせいか、何となく気分は前向きで、涙はしましたが不思議と落ち込む感じではありませんでした。
不妊治療の実態を世間に教えてくれるいい番組だったと個人的には思っています。
そんな中、一番に反応したウチの母早速電話がありましたわ。
母も泣いたそうです。そして私に「注射とかするの?具合悪くなったりするの?旦那は一緒に観たの?」と質問攻撃でした(笑)
注射した話も一通り以前したんですがね~すっかりTVを見て忘れておるご様子。(大丈夫かいっ)
最後には治療に協力的な旦那に感謝と、身体に無理のない範囲で頑張りなさい。と励ましてもらいました。
そんな不妊治療まっしぐらな2日間でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です