新宿ART(D19)移植予定日

前回、無事に受精を果たしてくれた2個の卵をまず新鮮胚移植する予定だったクリスマスイブ。
父の訃報を受け、結局この日の移植はキャンセルに。
2個の卵はSACより、1個は2日目新鮮胚(4分割)と、もう一つは胚盤胞まで育てて凍結する。というお言葉とソフィアAを12日分頂いて年末最後の通院を終えた。
その日から実家に帰り、通夜~告別式~初七日を終え、約10日間の実家滞在が過ぎた。
病院からもらったソフィアAは12/24からきちんと飲み始め、1/4に飲み終えた。またもやその2日後にぴったりとやってきた。
実はもう数年間も測っていた基礎体温を、あのクリスマスイブの日からつけなくなった。
だから体温がガクッとさがった1日目を生理1日目とカウントしていたのが出来なくなり、出血し始めが1日目というカウントとなる。
この怒涛の年末年始を過ごした間、卵がどうなったか・・・ほとんど考える余地もなかった。
東京の自宅に戻って数日後にSACから請求書が届いた。それを何度も見返して最後の最後に「新鮮胚1個、胚盤胞1個、凍結しました」という文字が・・・
この請求書を鵜呑みにしてもいいのだろうか・・・胚盤胞まで育てたけど、結局ダメでそれまでの料金とか???色々頭の中がぐるぐるしました。
ま~ジタバタしても仕方ない。今度病院行けば分かる事だ!ま~しかし、高いなぁ~料金。
と思いながらも実際心の中では小躍りしていました
そして次回の通院で移植日を決める予定ですが、この先四十九日も来月に控えており、また月末には腸の内視鏡検査も予約している事から、今回の周期での移植はないな・・・と考えております。
それやらこれやらを次回の通院で先生に相談するのです。
卵の本当の結果も楽しみにしております。
という訳で実質、5周期目はこれにて終了という事ですかな?次回は通院の結果をお伝えします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です