新宿ART(D32)ET15 再判定日

ちょっと間が空いてしまいました
先日の土曜日、再判定日行ってまいりました。
前日も検査薬は真っ白だったので、本当に期待せずに行きましたら予想通りでした。
E2・・・11
P4×2・・・1.9
β-HCG・・・3.3
先生(あっ本日の先生はA先生でした。久しぶり)からも、今回は残念でした。とのコメント。
「今回は着床まではしたんですよね?でもこのように着床後ダメになった場合、受精卵はどうなるんですか?」
「そうですね着床はしていました。しかし受精卵はもう死ん・・・そのまま外に出てしまいます。」
と、一度「死んだ」と言いかけたのをやめて言い直しておられました。
逆に気を遣わせて申し訳ない・・・
私は何となくお腹の中がどうなっているのか、これからどうなるのかを知りたかった。
あと生理痛もいつもよりは強いという事も聞いたりしていたので、それも確認してみたが、「そういう場合もあります」というお返事。
ちょっと覚悟しなきゃな
で、以前質問しようと思っていた事を聞くまでもなく、先生から「まもなく生理が来るはずなので1周期お休みしてからにしましょう」と言われ、とりあえず5日後に内診しますのでまた来てくださいという事でした。
もうすでにお腹はズンドコとスタンバっている感じです。今にもきそうな感じ。
診察室を出てからまず旦那さんに結果をメール。
本日は土曜日だけど約2時間ほどで終わった。早かった。
会計を済ませて本当は旦那さんのために伊勢丹でおはぎを買って帰ろうと朝は思っていたけど、病院から出たら地上を歩く気力がなくなり、旦那に電話をしておはぎ今度にして渋谷で一緒に買い物行く事にしました。
それまで平気だったのが、駅に向かう途中足を1歩1歩踏みだす毎にアレ?アレレレ?目から涙が・・・
これから旦那さんに会った事を考えただけで涙が出てきた。
きっとショックだろうな~、そんな顔を見せないようにしているんだろうな~と考えたり、5日前の今ごろは驚きと喜びと不安で空がきれいに見えたなぁ~とか色々頭の中でぐるぐる、地下道を歩きながら泣けてきました。
でも電車に乗る頃にはちょっと堪えて渋谷まで心を落ち着かせたけれど
渋谷で旦那と待ち合わせした後、ただ一言「次また頑張ろう」とだけ言葉を交わして、あとは普通に何事もなく買い物をし、笑ったりラーメン食べたり、夕飯は久しぶりにお好み焼きが食べたいというリクエストにも応じてくれたり、落ち込まずに済みました。
夜はお酒を飲みながらお好み焼きを食べるという、ダメだった時にやりたかった事をやりました。
お好み焼き屋さんのTVには、羽生くんが頭にテーピングをして何度も4回転ジャンプを失敗している姿が映っていました。
頑張ってるなぁ~羽生くん、そして私も・・・ぐびっと思いながら酒を飲む。
こんな4周期目の終わりでした。
みなさんには色々淡い期待を持たせたりもしましたが、次回は必ず~!!!良い報告が出来ると信じて!!!
ごきげんよう~さようなら~


“新宿ART(D32)ET15 再判定日” への2件の返信

  1. ブログを読んでいて私も涙が止まりませんでした。
    自分も同じ経験を何度もしててお気持ちが良くわかります。
    今は、発散をいっぱいして次回の周期にむけて頑張りましょう!!
    私も土曜日、D3日でSACに行きました。
    土曜日なのに空いてましたよね。
    ホルモン数値は悪くないのですがなかなか胚盤胞にならないのでマーベロン9日間飲んで今周期はお休みになりました。
    卒業なんて夢の夢ですが、その日を夢見て今はもう少し頑張ります。
    治療は精神的、肉体的、金銭的にも苦痛ですが一緒に頑張りましょう!!

  2. 私もトンタさんのコメントでまた涙が出そうでした[絵文字:v-409]
    こんな思いって何度もしたくないですね。
    今は呪縛から解き放たれた感じで楽になりました。
    また次回に向けてがんばります。
    確かに、この間は土曜日なのに空いてましたね。
    私も次は胚盤胞まで育てる事になりそうですが、それもまた心配です。
    落ち込まないようにうまく発散しながらやっていきます。
    お互いに同じところから無事卒業出来るよう頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です