新宿ART(D18~D22)ET1~ET5

先週の金曜日に1つの成熟卵が4分割となり、移植となりました。
当日はT先生の移植(今回採卵も移植もT先生)
1回目の移植の際、子宮が曲がってるとか何とかで随分グイグイS先生に引っ張られたり大変な移植でしたが、今回はT先生スムーズでした。
私がまた緊張と恐怖で身体が強張り、ハーハーヒーヒー言っていると、看護婦さんから「ほらっ?今日は痛くないでしょ?肩の力抜いて~」と小学生かっと突っ込まれる感じの優しい対応でした
さて、移植日からあまり意識をしないように過ごしてきたつもりですが、まずET2日目に朝から頭痛で目が覚め、そのまま結構夕方頃までずーっと寝て過ごしました。これは前回なかった症状。
頭痛薬は飲めないし、普段なら寝ればすぐよくなるのに一向に快復する気配がなかった。
なので応急処置?として頭痛に効くツボを調べて、お灸をやってみました。う~ん、あまり変わらん
せっかくの日曜日に旦那さんとアウトレットへ出かける予定が台無し。結局1日中家の中。ご飯を作る気力もないので、久しぶりに出前を取ってもらいました
早速ですが前回と比較のため、体温をまた移植日から本日まで載せてみます ※()内は前回移植時のもの。
ET0・・・36.44(36.60)
ET1・・・36.53(36.61)
ET2・・・36.78(36.73)
ET3・・・36.81(36.74)
ET4・・・36.69(36.81)
ET5・・・36.73(36.92)
なんかもー終わった感満載です。
体温はガッタガタ、ちなみに前回は移植が8月で真夏だった事もあり基本後半は高体温をキープしてました。布団に入っているだけで体温が上がるようなそんな気候だったし。
でも今は毎朝結構寒くて、デュファストンや膣坐薬だけでは体温を高温に持って行けないのかしら?
午前中は結構足先や手も冷たく感じていたりするので、あったかくしなきゃと気を付けていますが・・・
これもあまり気にしすぎてもいけないと思い、そこそこ温める程度に。
何かこんな感じの温度なのでフライングする気も全く起きず、前回はET5でフライングしちゃったりして今思えば結構早いフライングだな~と我ながら驚きました。
でも希望を持ちたいので、昨日はET4でしたが鍼にも行ってきました。
移植日に鍼の病院に連絡をして、今日移植が出来たのでいつ行けばいいかを確認し、予約をET4日目に合わせ変更したのです。
2日目新鮮胚移植だったら、ET4日目くらいから早ければ着床し始める頃だから来てください。って事で行ってきたのです。
「着床鍼」ってのがあるらしく、宿題のお灸でも同じ所に印を付けてもらっているらしいのですが、鍼でも更に打って他にも気になる所をいくつか打って頂きました。
とりあえずこれでやれるだけの事はやったか?まだか?それも考えすぎなのか?てな感じですが、まっ気長にこの体調の変化も感じないまま判定日を迎えるのでしょうか。
いや、多分1日前とかには流石にフライングするかな~。
やっぱり性格的に色々考えてしまうようですわ・・・
それでは折り返し地点、残りの5日間穏やかに過ごす事にします。
あとプチ妊娠なんだから、せめて楽しめるようにしなきゃねmarukoちゃん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です