これまでの治療 part3

前回は男性不妊クリニックに行き、薬を処方されて経過を見るという事に。
それが4月中旬の出来事でした。
旦那の検査結果を持って、今度ははるねクリニックへ報告に。
「う~ん、やっぱりそんなに良くはないよね~」と、男性不妊のクリニックに行った甲斐がないというか何というか・・・
お休み期間中に人工授精でもトライしてみる?的な提案を受けましたが、診察の段階で排卵予測をしたものの、
予定日に診察した時「あれ?もう排卵しちゃったかな?したばかりかも、今日は旦那さん来れる?」と言われ、
「今日の今日はちょっと・・・」とお断りしてしまいました。
1回のチャンスも逃せないとは思いつつ、排卵してしまった後かもしれないため確率は低く、そんな低確率のために仕事を抜けて今すぐ病院へ来て!とも言えませんでした。
なのでこの時は何事もなくスルー。
次の採卵に向けて体調を整えるためお休みとなりました。
そう言えば、1回目の採卵準備の段階から私の卵はどうも左側からしか採れない(見えない)ようで「右はどうしちゃったのかしら?癒着かしら?機能していないのかしら?まっでも左から採れてるので問題ないです」っていう先生の言葉がずーっと気になっています。
注射しても何しても右側はずっと出来ないなんて、何か怖い・・・左から採れてるから特に問題なしって・・・放置していい問題なのか?
そんなこともすぐネットで調べる私です。
何でもすぐ携帯やネットで調べる調べる・・・
そういう方、結構いらっしゃいました。
やはり特に問題ないというか、取り立てて事件でもないようです。
う~ん、そうなのか?
不妊治療のクリニックは患者さんがとても多く、病院で診察してても先生なんかカルテ見ただけで過去を手繰りながら会話をしていて時々不安になります。
私は自分から毎回、前回先生にこう言われました。と説明するようにしています。
何となく少しずつ今の病院に疑問も持ち始めてきた頃。。。
実は筋腫とか内膜症とか、何か見落とされたりしてないかしら?と心配にもなったりします。
次は2回目の採卵に向けてをお送りします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です