妊娠検査薬

昨日は初移植の初陰性となりショックな1日ではありましたが、前病院で2回顕微のうち移植にまで至らなかった時に比べると落ち込みはさほどでもありませんでした。
で判定の間お休みしていたウォーキングも昨日から再開し、途中で旦那と合流後一緒に歩いて帰りました。
旦那はいつも私がひどく落ち込んでいるんではないかと、いつも結果発表の日初めて顔を合わせると何も言わず私の顔色をうかがって、家について初めて「よく頑張った、大変だったね」とねぎらって慰めてくれます。
今回も顔色を見て「うんうん」とだけうなずき一緒に今後の治療の事なんかも話しながら帰りました
本当は今月私の誕生日だから、それまでに何とか妊娠という奇跡がおきないかと思ってた事を話すと、旦那はとりあえず今年いっぱいで出来ると思う!とポジティブな発言。
でもうまく毎月採卵とかできて移植まで出来たら(いいけど)毎月凄いお金がかかる事を指折り計算している私に旦那は、「お金の事はあまり考えず、出来る限りの事をしよう」と言ってくれました。
この言葉が何より嬉しかったというより前向きになれた。
私は旦那さんの事を年齢も上だし昔堅気の気難しい人と少し思っていた。
だから治療をするにあたっても、男だから病院に一緒に行くのは嫌だろう・・・とか、病院で採精するのなんか屈辱的だろう・・・とか、朝早く病院に一緒に行ってくれるんだろうか・・・とか、一人取りこし苦労をしていました。
でも実際は違った・・・
この人も本当に子どもが欲しいんだ。普段はスーパーでも値引き品が好きだし、自分の使う日用品も安い方を選ぶ(メーカーこだわりなし)質より値段。知名度より値段。いわゆるケチな人だと思ったのに・・・(でも中国産だけは嫌がるww)
しかしよくみてみると自分なりにポリシーというか、価値をきちんと見極めているんだ。という事が分かった。
自分の中でお金を出す価値のあるものには投資?する。という事。これはまぁ皆そうだと思うけど、治療に関しても男性だからそんなに価値をというか重きを置いてないと勝手に思ってた。ごめんよ・・・
色眼鏡でみてたのは私の方でした。
とまぁ~何だかノロケってる感じですみません。勝手にちょっと感動していた訳で・・・タイトルからおおきくズレてますた。
という訳でそんな下りもありつつ、今回のSAC1周期目を振り返って1つ思った事がありました。
移植してから判定まで、鬼のように検索しまくり毎日「ET○日目」で体調やら陽性だの陰性だの色んな記事を目にしました。自身でも今回「フライング」をした訳ですが、きっとこの先も移植が出来た暁には、じっと判定を待つという事は出来ないだろうと思い、海外製の妊娠検査薬を購入しました。
結構色んなサイトがあって迷いましたが、今回は「リボン堂」さんにお世話になる事にしました(結構値段が他サイトより安かった)
【早期妊娠検査薬・排卵検査薬通販のお店】 リボン堂
今回は2種類のものを買ってみましたが、到着して次の移植になったらこれを使って毎日フライングしようと目論んでおります。またその時に使用感などをレポートします。
今回購入したのはコレ↓
 EGENS 早期妊娠検査スティック 10本(唯一のスティックタイプ 直接尿をかけるタイプ)
 SUZHI 早期妊娠検査薬&排卵日検査薬 ★組合せ自由★10本+おまけ1本(20mIU/mLというリボン堂さんの中でも最高感度らしいです)
まだ始まってないけど今週あたり来るのかな?次の治療まで身体の準備を整えまっす


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です