新宿ART(D15移植)ET0

何だか日数を1日カウントし間違えたまま日記を書いておりましたわ。失礼・・・
という事で先日7/30に採卵をし、翌日無事受精が確認出来て更に翌日8/1の朝病院へ電話をし、分割確認をしました。
前病院ではいつもこの分割でストップしてしまい移植すら出来ない状態でした。
さすがの2回目で、その病院に疑問を持ち始め転院を考えたのです。
今回は薬も使わず完全自然周期での採卵、そして見事分割をしてくれてたのです
SACの培養士さんの話も当たり前田のクラッカーばり(古いですね)に淡々と「分割していますので、ホルモン値に問題なければ本日移植となります」と・・・本当に本当にうれしかったです。
そして採血の結果は以下の通りです。
E2・・・58
P4・・・4.3
何故か本日はこの2つの数値のみ。
そしてS先生が・・・
「本日ホルモン値問題ないので、移植となります。ナースセンターでこの後説明を受けて下さい」
「はい、ありがとうございます!!」
いい返事ができました(笑)
もうその返事しか出ませんでした。
本当はホルモン値本当にいいの?今日やっちゃって大丈夫なの?
色々移植後に不安は募りましたが、結果オーライです。もう初めての移植にSAC名物「卵アルバム」を見ながら軽くサンドイッチなんか食べちゃいました。
この日は金曜日なのですが、移植は午後1時からと聞いてはいたものの待ち時間が殆どなくスムーズに終わりました。
でも、しかしスムーズに終わったのはただ時間だけでして、私の移植はちょっと痛かったです。
どうやら子宮の形がよろしくないようで、「ちょっとつまみますね~」だの色々ぐいぐいやられて痛かったです。
通常の方はほとんど痛みがなく大丈夫らしいですが、ナースの方も最初は「今日は痛くないですからね~」と言いつつ私の子宮がそんな事とは思っておらず「卵みえますか~」と気をそらせてくれてくれたりしていました。
結構痛みでモニタを見るのも必死でしたが何とか無事移植を終えました。
移植からは激しい運動や重いものを持たないように・・・との事でしたが、移植日当日から電気屋さんをハシゴして(木曜日の夜から冷蔵庫が突然壊れた)冷蔵庫を翌日に配達してくれるものをGETするというノルマがあったのです。
結構歩いた感じです。疲れました。暑いし・・・
そういう訳で移植当日からの体調とか変化とか(今んとこないんですよね)を次回書いていきます。
ちなみに判定日は10日後8/11となりました。無事着床して妊娠してくれているといいな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です