新宿ART(D13-採卵)

本日、SACでの初採卵行ってまいりました。
朝8時10分までに病院に行かなければいけなかったので夫婦ともに6時過ぎに起床し、私はノーメイクで支度をして向かいました。
受付は7時58分、番号5番となりました。(これは多分採卵・移植の人のみの受付番号かな?)
少し待ちまして、看護婦さんから説明を受け、手術着に着替え中待合室で待機。
私の前に3名おりまして、入ると10分ほどで皆さん出て来られました。表情はいたって普通。
そして私の番き、きたぁ~
中へ入ると4~5名ほど看護婦さんやら誰やら(あっ先生か)が居て、手術台がある。
白い巨塔な感じで、もうそれはそれは大手術的な雰囲気のお部屋です。
看護婦さんに「はい、ここにおしりをおいて寝てくださ~い。腰を上げて~足上げて~」と淡々と進んでいきます。
胸の上で手を組んで、そこに噂の優しいエンジェル看護婦が手を握ってくれるの巻で、そっこーガバッとつかみました。
もう、手を添えてくれるどころじゃなく私から握り返すくらいの勢いです。
そうこうしているうちに消毒をされ思わず「あっ!」と声が出てしまいました(ちょっと驚いてしまって、でもそんな痛くはなかったかな?)
そ~れ~よ~り~も、内診の時から言われていた卵巣の位置が子宮の後ろ?とにかく遠くにあるようでお腹をぐいぐい押しながらエコーを診られて、まだ針もさしていないのに痛いような感じで「う~あ~い、いたいです」とか言ってたら、「カメラ見えますか?あそこに黒い●が見えるでしょ?卵ちゃんとありましたよ」と看護婦さん。
「はい、見えます、痛いです、すみません」と言いながらヒーヒー言っていたら、「はい、これから採りますので少し痛いですよ~声出していいですからね~」と・・・
えっまだ刺してないんか~い(心の声)と同時に、「い、いった~い」と思わずというか鈍痛のような感じがあって声が出てしまいました。
刺す前に先生がぐいっ、ぐいっと一定間隔でエコーかなにかを押し当てるようにするのが痛怖かった。
もう何か正確には覚えていないけど、実際に刺して卵を取っていた時間は1~2分。私の卵巣をぐりぐり見つける方のが5分くらいかかっていたのではないか・・・
今回は右側からの採卵で、先生が左をまずみて「うん、これは小さい」と言っていたのだけ最初聞こえました。
でも私の右卵巣が遠くにあるのが分かって、大変だったね~と言っていたかな?でも院長先生(あっ今回初の院長です)の採卵で本当に良かった他の先生でも出来ただろうか・・・と考えたらちょっと怖くなりました。
手術室から出てベットに向かっているあいだに安堵したのか、涙が出てきましたそのうえ、ベットの上にある絵本のタイトルをみて更に号泣。少しお腹も痛みましたが、10分くらい休んで早く待合室の旦那さんの所に戻りたかったです。
そして着替えを済ませ、ナースセンターから出ると同時に旦那はんも採精室から出てきました。
少し目が赤い私をみて「どうした?」と聞いてきたので「痛かった・・・」と言ったら、特に反応なし仕事のメールが携帯にどんどん入ってきていて早く帰らせてあげねば・・・と思ったのですが、先生との面談があるので、しばし待ち。
するとそんなに待たずしてポーン!と呼ばれました。
一緒に入っていくと院長先生で、助手として?看護婦さんが横に座っていた。他の先生は1人なのにね(笑)
私たちが椅子に座る間もなく院長が
「え~今回は顕微でいいですか?」
「はい、お願いします」
「じゃあ以上で結構です。意思確認だけ取れればいいから、お忙しそうなんでいいですよ、何か質問はありますか?」
「いえ、今のところないです」
てな感じで以上でした。
院長・・・手術は神だけど旦那が仕事で早く帰りたい事が分かってそんな診察なの?
それとも親切?諦め?
私がちょうど診察室を出る間際に院長の顔をみて挨拶をすると、聞こえなかったのか何も返事はなく、代わりに助手の看護婦さんが返事をしてくれた。
そして院長はマスクをしていたものの目は旦那の後ろ姿をジロッと見ていた。何だか悲しい。
その後旦那は帰り、私は一人培養士さんの話を待った。待った・・・1時間以上。
やっと問診室に呼ばれ培養士さんのお話。
「成熟卵1つ確認取れました
やったー!!
良かった~という事で、次は先生のお話とナースセンターで今後の流れを聞いて下さい。となり、先生の話もまた待つ、待つ、待つ・・・で何故か呼ばれたのはS先生。
院長先生に話を聞きたかった・・・残念。S先生は普通に「成熟卵取れましたんで明日受精確認を電話で行って、分割していれば明後日金曜日に移植です」
はい、知ってますけど何か?(心の声)
そんだけです。なが~い事待たされ採卵してくれた先生ではなく別の先生に培養士の人と同じ話をされただけ。
ナースの方には薬(フロモックスという抗生物質)を出してもらい今後の注意事項などを丁寧に教えて頂きました。
今回の滞在時間は、これまた初4時間超え。
旦那はんを早く帰して正解です。こんなに一緒に待たせたら発狂してケンカになってます。待つのが何より嫌いですから・・・
IN・・・7:58
OUT・・・12:30
し、死ぬ・・・病院でイライラせずに待てる限界が3時間くらいだと今日分かりました。
4時間半ありえん。
でも、無事移植⇒妊娠までいければ全て笑って終われる。いい思い出になります。
まずは明日の受精確認電話ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です