D14(9回目移植周期)

本日D14で採血ホルモンチェック行ってまいりました。
今日のスケジュールとしては、午前中SACで午後は健康診断という病院三昧なので午後の健康診断に合わせてSACに到着する時間を10:30くらいにしてみました。前回の診察で「次回は採血のみですからね~」と言われていたので、採血が終わってのんびり構えていたら、なんと内診室の番号が

あわてて内診室に行くと、エコーを入れて数秒内膜をはかり、しゅーりょーめちゃめちゃ早かった。

で、ここから結構長かった。前回、最近のSACは順番が早いかも・・・って言ったばかりだったけど、今日は先生が2名体制だったからかな?結局終わったのが1時過ぎだから約3時間コース。

本日の先生はまたもやF先生。
D14数値
E2・・・413
P4・・・0.9

予定通りD17で移植となりそうです。
そして先生には今日何故急に内診となったのかを尋ねると、前回少しホルモン値が高かったので卵胞が育ってたりしないかと内膜の確認だったそうです。

今日からジュリナと夜から「ウトロゲスタン膣用カプセル」というNEWな薬が追加になりました。SACではホルモン補充の時、最初に薬のスケジュール用紙を渡されるのですが、そこに毎回薬の錠数などが書かれていて、今回のこの膣用カプセルの名前がずっと気になっていました。用紙にはエストラーナ(必要時のみ)となっていて、これは過去にも今回も使う事はなかったですが、この膣に直接入れるタイプちょっと苦手です
1年前の最後の移植の時にはこれなかったのに・・・あのアプリケーター式の膣剤のがよかったな~と思いましたが、ナースの方がこっちのが結構効果あるんだそうで・・・それは仕方ない。

アプリケーター式の出る前は座薬みたいな形の膣用でしたが、あの時も挿入時には毎回100均で買ったぴったりフィットのゴム手袋をつけて入れてました。今回も買っておかなきゃですね。

そして午後はSACから3分ほどのところにある「総合健診センター ヘルチェック レディース新宿」へ。
基本の健診で内容は簡単なものでしたが(訳あって胃バリウム検査はやらなかった)検査が終わってから飲み物が頂ける素敵な施設でした。

高層ビルの窓から西新宿の街を眺め、素敵なティーセットを頂く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です