SAC通院を振り返って

6/30から始めたウォーキングですが、水曜日まで順調にすすめ、木曜日は一旦駅に降りると雨が降ってきたので中止。
金曜日も雨なので中止。という訳で実質先週は三日坊主と化しました
でも昨日からまたちゃんと歩いてます。とりあえず1ヶ月、頑張らねば。
何となく転院も出来て、薬を使わない生活に戻り(あっ、リセットのために現在ソフィアを飲んでますが)
不正出血があった日まで低体温がずっと続いていた身体もソフィアを飲んで数日経った昨日くらいから高温期に入っていきました。
先生いわく、「基礎体温がきちんと2層だからって必ずしも排卵している訳ではない。また質のいい卵が排卵している訳でもない。」という、自分はどちらかというときちんと2層だったので無排卵ではないな~と漠然と思っていた。もちろん質のいい卵が出来てるなんて事は思ってなかったが・・・年齢的にも生活的にも。
あと、次はD3に来てください。と言われたが、最近生理1日目がイマイチよく分からないので聞いてみた。
そうすると、そこにも患者の勘違いが多くあるようだ。
「D1は出血した日ではなくて、基礎体温がぐんと下がった日(出血してなくても)、たまに高温期でも出血する日があってそれをD1とする人が多いけど、それは間違い」だそうです。
てっきり私も出血した日がD1だと思ってました
そのぐんと下がった日が見極められない時は、2~3日グラフを見て一番体温が下がっている日をD1とカウントすればいい。って訳ですね
今思うと声のハスキーな先生(私は、もんたよしのり「ダンシングオールナイト」と勝手に想像←古くてスミマセン
は言い方がズバリで少し怖そうだけど、色々とためになる話を教えてくれますし、本当“ごもっとも!”な話をされます。
あまり浮かれんなよ!と自分に喝が入りますね。
最近、自分がウォーキングのために、リュックにスニーカーという装いが多いせいか、そういう格好をしている女性を見かけると(もちろん子供とかは別ですよ)「あっ、あの人も仕事帰りに歩いて帰ってんのかな?」と勝手に想像しちゃいます全部不妊治療に結びつけるワタシ。重症でしょうか~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です