移植6回を終えて色々と考えた

8/10の判定日も撃沈し、合計6回の移植が先日終わりました。
また採卵からスタートです。
しかし、父の初盆を迎えるにあたり8/12から九州の実家へ帰省する事が以前から決まっていた私はちょうど当日リセット日を迎えてしまったのです。
あっ、D3に病院に行けない・・・
と思い慌てて空港へ向かう道中、SACへ電話を入れました。
ナースの方に説明をし、先生に確認するという事で結構長い間保留にされました
今はね、定額通話料だから許せるけど、携帯からかけているから定額じゃなかったら一旦切るけどね(笑)
そしてようやく保留音が途切れ、ナースの方から回答が・・・
「今回D3に来院出来ないようですので、今周期はお休みしてまたD12~D13辺りで一度ご来院下さい」
との事だった。
やっぱりD3って絶対なのね~。実家から戻ってきたらD6辺りで行けば何とか今周期採卵出来ると安易に考えていたわ。
なのでお休み周期となってしまいました。
そんな中、色々と判定日後から考えてしまって、少し不安になりました。
このまま採卵⇒移植を続けていくだけで本当にいいのだろうかと・・・。
そこでいつか私が妊娠して出産までするのならば、どこで産むだろうと以前考えて調べた事があった。
そして行き着いたところが「国立成育医療研究センター」
よく見ると、不妊と不育の診療科がある。
ちょっと目先を変える事で何かヒントがあるかもしれない
そう考えました。なので早速予約。
と言ってもいきなり不育症や不妊診療にかかるのもちょっと違う気がしたので、まずは「女性総合外来」に相談することに。
10,000円/30分って金額に一瞬怯んだが、もう不妊治療をしていれば10,000円という金額は診察1回行った時とそんな変わらないし・・・と結構感覚がザルになっていた。これでヒントや原因が分かれば安いもんです。
今週末行きますが、とりあえずは相談をしてよほどの事がない限りはまだ転院は考えていません。
あと1~2回SACで移植をしてみて、それでもダメなら考えようと思っています。
そして、私の中で色々と変化が起こっています。
今回の成育に行く事も含め、何か今のままではダメな気がしてきたのです。
次に思いついたのは「仕事を辞めてみる」でした。
先週の金曜日、ふと旦那に
「まだ何となく考えているだけなんだけど、このまま結果が出なかったら一度仕事を辞めて、運動して身体をつくって、ストレスなく集中して治療していく・・・ってどうかな?と考えてるんだよね~」と何気なく相談したところ、
「うん、それいいね。そうしなさい。俺もそれがいいと思う。あと長くても1~2年しっかり身体つくって集中してやるといいよ。もう週明けにでもすぐ社長に言いなさい」と凄い賛成された。
えっもう辞めちゃう感じ?私。とあまりの唐突さに自分で提案したものの一瞬ついていけなかった(笑)
そこから何だか急に寂しくというか色々と考えてしまった。仕事を辞めて治療に専念した人のブログを検索したのは言うまでもないのですが・・・(笑)
多分、旦那的には“運動して身体もつくって・・・”というところがかなり気に入ったフレーズだったのかも。なんせ全く運動せず、ぶくぶく太っていく奥さんを見て心配していたからなぁ~。
きっと、仕事を辞める事で痩せて、子供が出来るかも?という事は旦那にとっては一石二鳥、盆と正月がいっぺんに・・・(これは違うか)くらいの嬉しい事だから仕事くらい辞めさせる気マンマンなんだろうな。
そんな訳で先週から今週にかけて怒涛の日々です(精神的に)
週明けさっそく8年勤めた会社を辞めるという決意を社長に伝えました。
社長はとても残念そうに、でも仕方ないという事でしぶしぶ了承。ただ、「退職」ではなく「休職」にしてくれないかという提案を受けた。断る理由もないので、とりあえずOKはしました。もし懐妊したら一旦復帰して育休取れるよ。という甘い言葉についOKしちゃいました。
早速、求人もかけて来週から採用活動です。
8年間の引き継ぎもちゃんと出来るのか今から心配しています。荷物の整理もあるし・・・でもまだ他の社員には言わないようにとの事なので、荷物の整理も出来ない。
求人も何とか一人でコソコソ始めてます。
何だか一気にめまぐるしく生活が変わりそうです。
でもこれから充実した妊活ライフを送るべく、まずはフィットネスクラブを探しております。
また次回は成育での結果と、この間D12でSACへ診察へ行った事を書きます。
ではでは~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です