驚きのニュース

昨夜はオリンピックで女子パシュート(3人連なって滑るやつ)で、な・なんと!またもや「金」ですよ金!ゴールド

も~夫婦で両手をテーブルでバタバタ叩いて「いけーイケー」と応援白熱しました。いやぁ~良かったよかった。

そんな中、LINEニュースの速報で「大杉蓮さん急死」を見て、思わず「えっ?ウソ」と声を出して驚いた。66歳、本当に早すぎます。
こうやって訃報を聞くたび、「死」についてふと考えてしまう事があります。明日にでも自分が居なくなってしまったら・・・妊活中は「まだまだやり残した事が沢山ある、今は死ねない、死にそうになっても生き返る勢いだ!」と勝手に思っていました。でも今はどうだろう・・・もちろん家族皆悲しんで自分もあの世で悲しむ事は間違いない。そもそもあの世で感情があるのかどうか疑問だが・・・
1つの「子供を産み育てる」という目標が消えた今、是が非でも生き抜くという意欲というか勢いというのは少し減ったかもしれないけど、でもやっぱり「死にたくはない」

そんな感慨に浸っているのもおかしいけど、本当に人が亡くなると考えさせられてしまう。今を一生懸命生きなければいけない。無駄にしちゃいけないなぁ~と。

そんな1日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です