歯医者

妊活始める前から歯医者はマメに通っていて(痛くなったからね)4年程前に右下奥歯を2本インプラントにした。確か土台の骨も移植して総額70万だったかな~?結構したな。まだ妊活序盤で旦那さまが妊活代を払ってくれていたので、自分の歯の治療分は奮発出来た。

しかしその後、インプラントも無事終わり素晴らしい噛みごたえを感じていたのも束の間、今度は左下奥歯がおかしくなってきた。

ももも・・・何なの?下の歯茎に白い膿の袋がお目見えした。
ひぇ~こりゃあ何かえらい事になってきたぞ最初は噛むと痛みがあって、それで通院している歯医者さんに聞いてみた。

「レントゲンで見ると以前治療した根の周りが黒くなっていて袋のようなものが見えます。非常にやっかいな状態です。詰め物を外して中を見てみないとなんとも言えないですが、骨が折れているか、穴が空いていてるとか何とか・・・」

と言われて最悪は抜歯⇒インプラントコース(私はブリッジや入れ歯が基本苦手なので)になると言われた。これが仕事辞めてから起こった事です。昔のように自分の歯に目いっぱいお金をかける訳にもいかず、旦那に相談しても今回ばかりは苦い顔に・・・そりゃあ妊活で数百というお金が飛んでるわけですからね当たり前ですね。で、結局先生に相談して痛みも今とりあえずなくなったので様子見でお願いします・・・となりました。

先生も「定期的にレントゲン撮って、隣の歯に悪さしなければ当面は大丈夫だと思うので・・・」と言ってくれたので騙し騙しの約1年半くらいかな?
そうこうしていると、今度は左上の奥歯が沁みたりし始めて、いよいよだんだん固いものなんかが痛くて強く噛めなくなってきた。食べてない時は全く何も痛くないんです。これも先生に言うと「見た目、虫歯とかではないし、強いて言うなら強く噛み過ぎてあたってる部分が少し削れたりしてるかな~」というもの。

虫歯じゃない・・・という言葉をこのまま鵜呑みにするには、あまりにも気になりすぎる沁みと痛み

重い腰を上げて、この度会社の近くと家の近くの歯医者2軒に行ってみました。

まず会社近くのA歯科。会社自体が港区のおしゃれタウンなものでして歯医者の数も相当です。その中から終業18:00以降でも間に合う事と、口コミなどを考慮して1軒予約してみました。電話の対応はややイマイチでしたが、とりあえず行ってみるとお客はゼロ。やけにオシャレすぎる院内の院長室?はガラス張り。院長らしき男性がPCで作業をしており、横にある椅子にはゴヤールのトートバックが・・・(笑)見た目はそう!サーファーか?と言わんばかりの茶髪に色黒な感じの先生

患者は居なかったので、もちろんすぐに部屋に呼ばれしばらくすると先生登場!レントゲンをとり、淡々と説明をしてくださいました。見た目とは違って説明は誠実な感じに受け取れました。左上が痛いという事で診察を受けましたが全体のレントゲンから、やはり指摘されたのは忘れかけてた左下の奥歯。
一旦膿の袋が歯茎からポコッと出ていたのもおさまり忘れていたのですが、そこを重点的に指摘されました。結果、その先生の見解は左下の根の悪い状態が引き起こす反射的なもの。という事でした。
一瞬「うそ~ん、何で上の歯が沁みるのに下が原因なの?」と思いましたが、結構そういうのがあるそうです。
歯の痛みや沁みなどを感じるのって結構曖昧で、ずっと下が痛いと思っていても蓋を取ったら何ともなくて、その両隣が原因だったり上の歯が悪かったり・・・だそう。いきなり抜歯という事はなく、一度そこのふたを取って根の治療から始めましょうという事になりました。

だ、が、し・か・し、これは始まりに過ぎず・・・この後更なる歯医者めぐりをしてしまう事になりました。またまた続く・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です